2008年11月23日日曜日

Sub Machine Guns

 
Thompson(トンプソンM1A1)

装弾数20 / 所持弾数60
アタッチメント:Suppressor、ApertureSight、RoundDrum











愛称はトミーガン。威力は申し分なく最前線で『Steady Aim』を装備し敵を蹴散らすのが良いだろう。短所は装弾数が少なく一人倒すごとにリロードが必要な為、ドラムマガジンを取るまでは複数人相手の場合は厳しい武器だ。
また現在でも海上自衛隊の一部で使用しているらしい。





エルマ・ベルケMP40

装弾数32 / 所持弾数64
アタッチメント:Suppressor、ApertureSight、DualMagazines











この武器がなかったドイツ軍は語れない。サイレンサーを装備したときのステータスが他のサブマシンガンよりも安定している為、隠密行動に向いた武器ともいえる。ヘッドショットを狙うよりは胴体を撃ち確実に倒すのが無難だ。






Type100(一〇〇式機関短銃)
 
装弾数30 / 所持弾数60
アタッチメント:Suppressor、ApertureSight、BoxMagazine

われらが日本製。日本製だけあって性能はピカイチ。連射速度、命中精度が極めて良くCOD4のP90のポジションであるか様に感じる。バランスが良い為デスマッチ向きの武器である。 また実銃では何を考えてかライフル用サイト、バイポッド、銃剣といった意味不明なオプションパーツが装備できる。


 
※『PPSh-41』は使用していない為、未記載