2008年11月19日水曜日

レビュー : Call of Duty:World at War (輸入版)



 
------------------- Call of Duty:World at War (輸入版) -------------------

日本ではゲーム内容の問題からか発売予定どころか発表すらされていない現状で待っていても無意味な為、輸入版を購入しました。

 

このゲームはシリーズ初となる旧日本軍が登場します。キャンペーンモードでは最初のステージから早速登場し、「天皇陛下バンザーイ」と叫んで突撃してきます。しかし意外と30分程度で日本編はあっけなくステージクリアとなりました。なのでキャンペーンに関しては星4つ程度か

※ストーリーを進めていくとまた日本編が登場するみたいです

あと未体験ですが、これもシリーズ初となる協力プレイが加わりました。

 

だがCODはHALO同様キャンペーンは、おまけで本編はマルチプレイなので問題はないっ!

しかもマルチプレイでも当然、旧日本軍も登場し旧日本軍側のチームになったら、いままでにない臨場感?ネタ的なプレイもできるので面白いです。なにせキャラが勝手に日本語しゃべりだすんでw

それにLeft 4 Deadの影響からか、ゾンビモードも収録されているので1つで2度美味しい

 

ゲームシステムは、ほとんどCOD4の神システムが引き継がれCOD4をプレイしたことのある人だったら、すんなり溶け込めると思います。言語の壁としてはwikiもあるので特に問題ないはず。

 

まさに、これから旬となるビックタイトルである。

 

購入方法に関しては、アジアコムや日本アマゾンで購入でき、円高が影響してか、なんとアジアコムでは送料込みで6000円弱で買うことが出来る



Call of Duty: World at War(輸入版:アジア)